外出時にあるとうれしい。Wi-Fi(公衆無線LAN)が使える格安SIM

  - 

公衆無線LANとは、駅やコンビニ・デパート・飲食店などの商業施設、宿泊施設、観光施設など、比較的多くの人が集まる場所に設置されていて、オフィスや自宅と異なって不特定多数の人が接続・利用するWi-Fi設備のことをいいます。

外出時であっても、公衆無線LANに接続すれば、スマホの高速通信容量を消費せずに高速なインターネットを利用できるので、上手に活用することでスマホにかかるランニングコストを大幅に抑えることができます。

公衆無線LANを利用する際の一般的な注意事項

便利な公衆無線LANですが、前述のように不特定多数の人が接続・利用するWi-Fi設備なので、利用しやすくするためにWi-Fi接続のセキュリティレベルを下げて運用されているものも多く、適切に利用しないと情報を盗み見られたりしてしまうリスクもあります。それでは安全に利用するにはどうしたら良いのでしょうか?

公衆Wi-Fi接続時のセキュリティの違い

ここでは、一般に利用できる公衆無線LANを安全に利用するために、そのセキュリティの仕組みをごく簡単な図にしてみました。

公衆Wi-Fi接続時のセキュリティの違い
公衆Wi-Fi接続時のセキュリティの違い

あまり意識する機会は少ないかもしれませんが、私たちが実際に公衆無線LANを利用する際は、上記の仕組みを組み合わせて使っています。各仕組みを順番に見ていきましょう。

 Wi-Fi暗号化

公衆無線LANとスマホを暗号化して接続します。暗号化によって、悪意を持った第三者からWi-Fi部分での通信を傍受されることを防ぐことができます。ただし、「WEP」と呼ばれる古い暗号化方式を採用している無線LANではセキュリティが突破されやすく安全性が低いので注意が必要です。現在の公衆無線LANはこのWi-Fi暗号化をしていないか、「WEP」と呼ばれる古い暗号化方式のものがほとんどです。可能であれば「WPA」「WPA2」などの方式のものを利用しましょう。

 VPN

インターネット側にある中継地点まで暗号化されたトンネルを通って通信するので、暗号化されていない公衆無線LANでも通信の傍受を防ぐことができます。安全性は高くなりますが一般に通信速度がやや遅くなるのが難点です。

 暗号化通信(SSL通信)

上の二つはデータが通る経路を保護する仕組みですが、こちらは、スマホアプリやWEBサイト側でやり取りするデータそのものを暗号化する仕組みです。Wi-Fi部分で傍受された場合でも第三者が中身を見ることは出来ません。

 非暗号化通信

やり取りするデータは暗号化されていない状態なので、万が一Wi-Fi部分で傍受された場合に、第三者が中身を見ることができてしまいます。上記、のない状態で利用する場合は、重要な情報を含む通信をするべきではありません。

公衆無線LANを安全に利用するためにできること

プライベートな内容を含む通信では、必ずSSL通信に対応したアプリやWEBサイトを利用する(上記

インターネットの調べものや、ゲーム、無料アプリのダウンロードなどではあまり気にする必要はありませんが、IDやパスワードなど重要な内容を含む通信では、必ずSSL通信に対応したアプリやWEBサイトを利用するようにしましょう。

※ ブラウザのアドレス欄に鍵マーク  がついている アドレスが httpsから始まるWEBサイト

なお、今日では重要な情報やプライベートな情報を取り扱うアプリやWEBサイトで主要なものは、ほとんどSSL通信によって保護されているので、Wi-Fi暗号化がない公衆無線LANを使っても、一定水準のセキュリティは確保されています。

VPNサービスを併用する(上記

公衆無線LANにおけるWi-Fi暗号化については、設備・サービス提供者側の問題なので、ユーザーでどうにかすることは出来ませんが、VPNを使ってセキュリティを補うことが可能です。VPNサービス・アプリで有名なものとしては、ソースネクストのWi-Fiセキュリティや、UQモバイルのオプションで提供されている「ギガぞう」などがあります。

各社の取り扱い状況

ここでは、SIM探!でピックアップ解説している格安SIM各社の公式ページに記載されているアクセスポイント数を掲載していますが、同じ公衆無線LANサービスであれば利用できるアクセスポイント数は同じと考えて良いでしょう。なお、複数のWi-Fi暗号化方式が記載されているものは、アクセスポイントや機種によって利用できる暗号化方式が異なります

格安SIM 料金・備考
楽天モバイル
362円/月
WPA/WPA2WEP

アクセスポイント数:69,000ヶ所以上。「Wi2 300」と「BBモバイルポイント」が利用できます。
Y!mobile
無料
WPA2WEP暗号化なし

アクセスポイント数:35万ヶ所以上※1のソフトバンクWi-Fiスポットが利用できます。なお、Y!mobile以外で購入した端末での動作は保証されていません
OCNモバイルONE
無料
WPA/WPA2

アクセスポイント数:約86,000ヶ所。「Secured Wi-Fi」と「DoSPOT」が利用できます。
NifMo
580円/月~
WPA2WEP

アクセスポイント数:約11万カ所。「BBモバイルポイント」と「Wi2」スポットが利用できます。
LINEモバイル
200円/月
WPA2

アクセスポイント数:約49,000ヶ所※2。「Secured Wi-Fi」が利用できます。
IIJmio
362円/月
WPA/WPA2WEP

アクセスポイント数:14万ヶ所以上。「Wi2 300」と「BBモバイルポイント」が利用できます。
BIGLOBEモバイル
無料
WPA2

アクセスポイント数:約83,000ヶ所。「Secured Wi-Fi」と「DoSPOT」が利用できます。通常250円/月のサービスですが6GB以上のプランなら無料です。
UQモバイル
無料
WPA/WPA2WEP

アクセスポイント数:約60,000ヶ所※3。VPN通信とより多くのアクセスポイントが利用できる「ギガぞう」は500円/月で利用できます。

公衆無線LANが使える格安SIMを全15社から検索

SIM探!に掲載している全 15社の中から公衆無線LANが使える格安SIMの一覧とその特徴を以下のリンク(お好みMVNO検索)から確認できます。

  • 利用の可否は使用回線やプラン等によって異なる場合があります。詳しくは各格安SIMの公式サイトで確認してください。