b-mobile
料金プランや割引制度などの基本情報から、節約のポイントや通信速度の傾向まで、b-mobileを検討している方に必要な情報をわかりやすく整理してお届け!
2018年11月6日 更新

b-mobile 完全ガイド2018

b-mobile(ビーモバイル)は日本通信株式会社(JCI)が、docomoとsoftbankの回線を利用して事業展開する通信サービスです。日本通信は格安SIM事業者(正確にはMVNO)として日本では1番目の会社で、2017年には、それまで解放されていなかったソフトバンク回線との相互接続を実現してサービスを開始したことでも大きな注目を集めました。ユーザーのニーズにフィットした様々なSIM商品をリリースしていて、特に「おかわり課金方式」とよばれる変動定額制を取り入れたプランや商品群は、多くのユーザーに支持されています。

このページでは、料金プラン、各種費用、割引制度といった基本的な情報から、節約のポイントや通信速度の傾向まで、b-mobileを検討している方に必要な情報をわかりやすく整理してお届けしています。

b-mobileの特徴

b-mobile 最大の特徴は、「おかわり課金方式」と呼ばれる、使った分だけ支払う変動定額制の料金体系で、大きな節約効果が狙える点です。SIM探!で紹介している格安SIMで変動定額制のプランがあるのは b-mobileとエキサイトモバイルの2社だけとなっています。

また softbank回線利用プランでは、ソフトバンクブランドのiPhoneやiPadをSIMロック解除なしで利用できる貴重な格安SIMのひとつで、実効速度も高速で快適です。同じsoftbank回線を利用した格安SIMであるY!mobileと比べて、安価にsoftbank回線SIMが運用できる点も見逃せません。

一方で、変動定額制の性質上、余った容量の翌月繰り越しがないのは仕方がないものの、速度切替や低速通信時のバースト機能がないのはやや残念なところです。この点は上記のメリット(特に、高速なsoftbank回線が使える点)とあわせて判断する必要があるでしょう。


利用できる機能・サービス

格安SIMで一般に提供されている機能やサービスのうち、b-mobileで利用できるものに色を付けてみました。
オプションを含みます。利用する端末や契約プランによっては、利用できない機能・サービスがある場合があります。

通話関連
かけ放題
定額通話
留守番電話
キャッチホン
転送電話
国際ローミング
国際電話
迷惑電話対策
グループ通話
番号通知要求
着信通知
即日MNP対応
通信関連
高速無制限
変動定額制
キャリアメール
無料メアド
テザリング
バースト機能
速度切替
切替アプリ
容量くりこし
カウントフリー
容量シェア
公衆Wi-Fi
契約・サポート関連
通話明細
家族割引
学割
光セット割
拡張端末保証
拡張サポート
口座振替対応
SIM追加OK
初月無料
キャリア決済
端末販売
iPhone取扱有

料金プラン・オプション・割引

料金プラン

b-mobileが現在新規受付をおこなっているSIM商品で、中容量以降での料金にメリットは感じられませんが、実効速度の高いソフトバンク回線の最低料金が他社よりも大幅に安いので、多くても月間3GB以下のデータ通信量で運用可能な方なら、スマホやタブレットの維持費を大幅に削減できる可能性があります。

「おかわり課金方式」とは

具体的な料金を見る前に、b-mobileの料金体系に採用されている「おかわり課金方式」と呼ばれる変動定額制について確認しておきましょう。「おかわり課金方式」では、通信量の実績に応じて請求される基本料金が決まる(段階的に設定されている)ので、契約したプランの高速容量を余らせて無駄にすることがなく、逆に月末に容量が足りなくなって低速通信に苦しむ心配もありません。普段の通信量は少ないけど旅行などでたくさん使う月もあるなど、毎月の通信量にばらつきがある方には節約効果を実感しやすい課金方式です。

他社の格安SIMでもあらかじめ来月の通信容量を見越してプランを変更することは出来ますが、b-mobileなら「見込み外れ」によるムダやチャージの手間から解放されるメリットがあります。具体例を見てみましょう。

「おかわり課金方式」と「一般的な定額課金方式」の違い

「おかわり課金方式」と「一般的な定額課金方式」の違い

おかわり課金方式である同社のSIM商品「990 JUST FIT」を例にして、仮に「一般的な定額課金方式」だった場合の月額基本料を比べると以下のようになります。「おかわり課金方式」では毎月のムダがなく、快適さを維持したまま節約できることがわかると思います。

実際の利用量 1月3GB2月1GB3月2GB4月4GB5月2GB合計
おかわり課金方式1,9909901,4902,490 速度低下なし1,4908,450
定額課金方式3GBと仮定1,9901,9901,9901,990 速度低下発生1,9909,950

おかわり課金方式で「使いすぎ」が心配な方は、会員専用のページ「My b-mobile」から当月の通信量を確認しましょう。またJUST FIT SIMをはじめとする一部のSIM商品では、あらかじめ「おかわり」の上限を設定することができるので、使い過ぎによって基本料金が高くなるのを防ぐことができます。

softbank回線を利用したSIM商品における注意事項

b-mobileのSIM商品でsoftbank回線を利用したものは、すべてiOS端末(iPhone・iPad)専用となっていて、Android端末での利用はsoftbankブランドのものを含めて一切動作保証されていないので注意が必要です。ネット上の情報ではAndroid端末で利用できた旨の報告もありますが、あくまでも自己責任ということになります。iOS端末以外での利用は、自力で解決できる自信のある方を除いてdocomo回線を選択したほうが無難でしょう。

なお、softbankブランドでなくても、SIMフリーまたはSIMロック解除されたiPhoneやiPadであれば、softbank回線を利用したSIM商品を利用することができます

音声通話対応SIM

音声通話に対応したSIM商品で現在申込可能なものは、「990 JUST FIT SIM」「スマホ電話SIM」「おかわりSIM」の2種類で、いずれも「おかわり課金方式」です。各SIMの違いは以下のとおりです。

JUST FITスマホ電話
利用可能回線softbank
docomo
softbank
対応スマホiPhone
Android
iPhone
最低利用期間ありなし
おかわりの単価10GBまで:500円/GB
10GB超:350円/GB
350円/GB
おかわりの上限5~15GBで設定可能

softbank回線はiPhoneのみ

音声通話SIMのおすすめは「990 JUST FIT SIM」

おすすめはdocomo回線、softbank回線の両方から選べる「990 JUST FIT SIM」で、特に少ない容量でのお得感があります。ただし以下の項目に魅力を感じるのであれば、「スマホ電話SIM」を選択しても良いでしょう。

  • softbank回線で毎月8GB以上使うなら、「JUST FIT SIM」よりも「スマホ電話SIM」がお得
  • 5か月未満の短期間で解約、またはMNPを予定しているなら、最低利用期間と解約金がない「スマホ電話SIM」
音声SIM商品の料金表

各音声SIM商品の料金は以下のとおりです。※商品名をクリックすると表が切り替わります。

プラン名称プラン名称基本料金高速容量最大受信速度通話料
最大受信速度
1GBまで
1GBまで990 円/月1 GB/月 非公開 20 円/30秒
非公開
2GBまで
2GBまで1490 円/月2 GB/月 非公開 20 円/30秒
非公開
3GBまで
3GBまで1990 円/月3 GB/月 非公開 20 円/30秒
非公開
4GBまで
4GBまで2490 円/月4 GB/月 非公開 20 円/30秒
非公開
5GBまで
5GBまで2990 円/月5 GB/月 非公開 20 円/30秒
非公開
6GBまで
6GBまで3490 円/月6 GB/月 非公開 20 円/30秒
非公開
7GBまで
7GBまで3990 円/月7 GB/月 非公開 20 円/30秒
非公開
8GBまで
8GBまで4490 円/月8 GB/月 非公開 20 円/30秒
非公開
9GBまで
9GBまで4990 円/月9 GB/月 非公開 20 円/30秒
非公開
10GBまで
10GBまで5490 円/月10 GB/月 非公開 20 円/30秒
非公開
11GBまで
11GBまで5840 円/月11 GB/月 非公開 20 円/30秒
非公開
12GBまで
12GBまで6190 円/月12 GB/月 非公開 20 円/30秒
非公開
13GBまで
13GBまで6540 円/月13 GB/月 非公開 20 円/30秒
非公開
14GBまで
14GBまで6890 円/月14 GB/月 非公開 20 円/30秒
非公開
15GBまで
15GBまで7240 円/月15 GB/月 非公開 20 円/30秒
非公開

プラン名称プラン名称基本料金高速容量最大受信速度通話料
最大受信速度
1GBまで
1GBまで1950 円/月1 GB/月 非公開 20 円/30秒
非公開
2GBまで
2GBまで2300 円/月2 GB/月 非公開 20 円/30秒
非公開
3GBまで
3GBまで2650 円/月3 GB/月 非公開 20 円/30秒
非公開
4GBまで
4GBまで3000 円/月4 GB/月 非公開 20 円/30秒
非公開
5GBまで
5GBまで3350 円/月5 GB/月 非公開 20 円/30秒
非公開
6GBまで
6GBまで3700 円/月6 GB/月 非公開 20 円/30秒
非公開
7GBまで
7GBまで4050 円/月7 GB/月 非公開 20 円/30秒
非公開
8GBまで
8GBまで4400 円/月8 GB/月 非公開 20 円/30秒
非公開
9GBまで
9GBまで4750 円/月9 GB/月 非公開 20 円/30秒
非公開
10GBまで
10GBまで5100 円/月10 GB/月 非公開 20 円/30秒
非公開
11GBまで
11GBまで5450 円/月11 GB/月 非公開 20 円/30秒
非公開
12GBまで
12GBまで5800 円/月12 GB/月 非公開 20 円/30秒
非公開
13GBまで
13GBまで6150 円/月13 GB/月 非公開 20 円/30秒
非公開
14GBまで
14GBまで6500 円/月14 GB/月 非公開 20 円/30秒
非公開
15GBまで
15GBまで6850 円/月15 GB/月 非公開 20 円/30秒
非公開

「おかわり」の上限超過後は最大受信速度が200kbpsに制限されます

データ通信専用SIM

各データ通信用SIM商品のSIM商品で現在申込可能なものは、「190 Pad SIM」のみとなっています。最低維持費が190円~という破格の魅力がありますが、利用する回線によって対応機種などの注意事項が異なります。利用回線による違いは以下のとおりです。

190 Pad SIMドコモ回線ソフトバンク回線
対応スマホiPhone,iPad
Android
iPhone,iPadのみ
SMS選択可不可
利用SIM共通iPhone,iPad別
おかわりの上限3~10GBで設定可能

ソフトバンク回線SIMは、iPhoneまたはiPad以外は動作保証対象外となっている他、iPhone用とiPad用に専用のSIMが用意されており、互換性がないので購入時に間違えないように注意しましょう。

プラン名称プラン名称基本料金高速容量最大受信速度通話料
最大受信速度
~100MB
~100MB320 円/月100 MB/月 非公開
非公開
1GBまで
1GBまで670 円/月1 GB/月 非公開
非公開
2GBまで
2GBまで1020 円/月2 GB/月 非公開
非公開
3GBまで
3GBまで1370 円/月3 GB/月 非公開
非公開
4GBまで
4GBまで1720 円/月4 GB/月 非公開
非公開
5GBまで
5GBまで2070 円/月5 GB/月 非公開
非公開
6GBまで
6GBまで2420 円/月6 GB/月 非公開
非公開
7GBまで
7GBまで2770 円/月7 GB/月 非公開
非公開
8GBまで
8GBまで3120 円/月8 GB/月 非公開
非公開
9GBまで
9GBまで3470 円/月9 GB/月 非公開
非公開
10GBまで
10GBまで3820 円/月10 GB/月 非公開
非公開

プラン名称プラン名称基本料金高速容量最大受信速度通話料
最大受信速度
~100MB
~100MB190 円/月100 MB/月 非公開
非公開
1GBまで
1GBまで540 円/月1 GB/月 非公開
非公開
2GBまで
2GBまで890 円/月2 GB/月 非公開
非公開
3GBまで
3GBまで1240 円/月3 GB/月 非公開
非公開
4GBまで
4GBまで1590 円/月4 GB/月 非公開
非公開
5GBまで
5GBまで1940 円/月5 GB/月 非公開
非公開
6GBまで
6GBまで2290 円/月6 GB/月 非公開
非公開
7GBまで
7GBまで2640 円/月7 GB/月 非公開
非公開
8GBまで
8GBまで2990 円/月8 GB/月 非公開
非公開
9GBまで
9GBまで3340 円/月9 GB/月 非公開
非公開
10GBまで
10GBまで3690 円/月10 GB/月 非公開
非公開

10GB超過後は最大受信速度が200kbpsに制限されます

b-mobileの節約ポイント

キャリアに比べて格安な料金プランが魅力のb-mobileですが、さらなる節約を期待できるポイントについても少し見てみましょう。※項目をタップすると詳細が展開して表示されます。

b-mobileで利用可能なオプション

ここでは、b-mobileで利用できる各種オプションについてジャンル別に紹介します。※項目をタップすると詳細が展開して表示されます。

その他の費用

b-mobileで毎月支払う基本料金やオプション料の他に発生することのある費用で主要なものは以下のとおりです。ほとんどの項目ついては、どの会社の格安SIMも同じと考えて問題ありませんが、高速容量の追加(チャージ)、MNP転出手数料、最低利用期間・解約金の3つについては、各社違いが大きい部分なので、一応注意しておくと良いでしょう。

契約時に発生する費用
契約事務手数料3000
実際の利用に応じて発生する費用
国内通常通話料 20 円/30秒
国内SMS送受信料
受信:0 円 送信:3~30 円
契約変更等の際に発生する費用
契約プラン変更手数料
SIM商品によってプラン変更の可否が異なります。詳しくは公式サイトでご確認ください。
SIM商品によってプラン変更の可否が異なります。詳しくは公式サイトでご確認ください。
SIM変更等
再発行 ・サイズ変更
  • データ通信用SIM:2,000円/枚
  • 音声対応SIM:3,000円/枚
※一部サイズ変更不可のSIM商品があります。
再発行 ・サイズ変更
  • データ通信用SIM:2,000円/枚
  • 音声対応SIM:3,000円/枚
※一部サイズ変更不可のSIM商品があります。
MNP転出手数料3000
音声通話SIMの最低利用期間と解約金
  • スマホ電話SIM:最低利用期間と解約金いずれもなし
  • その他の音声対応SIM:
    最低利用期間:5か月
    期間内の契約解除料:8,000 円
  • スマホ電話SIM:最低利用期間と解約金いずれもなし
  • その他の音声対応SIM:
    最低利用期間:5か月
    期間内の契約解除料:8,000 円

割引き制度

現在、b-mobileで利用できる割引制度 はありません。

支払い方法

支払い方法はクレジットカードのみ

b-mobileの毎月の利用料金の支払いには、各種クレジットカードが利用できますが、キャリアのように口座振替を利用することができません。


サポート体制

キャリアからの乗り換えを検討している方や初めて格安SIMを使う方は、契約後のサポート体制が心配の方もいらっしゃることでしょう。ここでは、b-mobileのサポート体制について見ていきましょう。

サポート関連の情報について

公式サイトのb-mobileサポートページから、各種お知らせ、各種設定・手続き方法、FAQにアクセスできるようになっていて、電話やメール送信フォームでの問い合わせ方法も用意されています。

なお、b-mobileでは販売されているSIM商品ごとに仕様や料金体系が大きく異なるので、対象のSIM商品に関するサポート情報を確認する必要があります。b-mobileは過去に販売していたSIM商品の種類が相当数あるため、別の商品のサポート情報に迷い込まないように注意しましょう。現在新規受付中の商品については、公式サイトの各商品情報から、商品専用のサポートページにアクセスできます。

電話サポートについて

「bモバイル・ヘルプデスク」という電話サポート窓口があります。技術的な問い合わせのほか、携帯会社の乗り換えや設定などの相談もアドバイザーが丁寧に対応してくれるので、初めて格安SIMを利用する方でも安心です。実際に何度かお世話になりましたが、アドバイザーの質は高い印象を受けました。

なお、「bモバイル・ヘルプデスク」への通話は「03」から始まる番号で、ナビダイヤルやフリーダイヤルではありません。また受付時間は11:00~18:00となっており他社よりも短めです。さらに、解約手続きなどは電話ではなく、すべてWEBから会員専用の「My b-mobile」からおこなう必要があります。この点は一般に利益を出しにくいと言われる変動定額制の料金体系のサービスを提供するために合理化されている部分なのかもしれませんね。

サポート関連を拡張するオプションがない点に注意

b-mobileでは、スマホやPCに関するより詳しい使い方のサポートや、メーカー保証範囲外の端末故障等をカバーできる保障サービスなど、通常のサポートを拡張するようなオプションは提供されていません。

b-mobileの通信速度 – 仕様編

速度仕様

b-mobileの通信速度のスペック(技術規格上の最大値)は 以下のとおりです。契約するプランによっては これらの最大値が最初から抑えられている場合があるため、前述の料金プランの項目もあわせて確認してください)。

b-mobileのスペック
下り最大上り最大
docomo回線利用プラン
非公開
非公開
softbank回線利用プラン
非公開
非公開
参考:キャリア(MNO)のスペック
下り最大上り最大
docomo
988Mbps75Mbps
softbank
612Mbps37.5Mbps

サービスエリア

b-mobileのサービスエリアは、契約プランの利用回線に応じたキャリアのサービスエリアと同じなので安心して使うことができます。エリアの詳細は各キャリアの公式WEBサイトをご確認ください。

速度制限(帯域制御)

b-mobileの速度制限(帯域制御)と通信の最適化 についての仕様は以下のとおりです(料金プランの高速容量を超過した場合を除きます)。

短期間の総量規制混雑時の規制アプリの規制通信の最適化
3日制限その他
一部ありあり原則なし

低速通信時の3日間総量規制については、高速データ通信OFF時やプラン容量超過時(受信最大200kpbs)に動画を見ることはまずないとして、気になるのは規制にかからずにWebの閲覧、radikoや音楽ストリーミングがどれだけ使えるかといったところでしょうか。360MBの場合、単純計算で以下のようになります。

360MB でできること
Web閲覧メール送受信LINEトーク
720 ページ
(240)
36000
(12000)
72000 往復
(24000)
FacebookGoogleMap写真送受信
5538 フィード
(1846)
300
(100)
180
(60)
ラジコ音楽動画
720
(240)
375
(125)
180
(60)
ゲームskype通話
1000
(333)
960
(320)
※通信量の算出基準
※それぞれ単独で利用した場合の最大値のめやすです。
※( )内の数値は 3日を1日に換算した値です。

実際にはWebの閲覧や音楽の視聴等を組み合わせて使うことになると思いますので、「何がどれだけ使えるか」というのは人それぞれになってしまいますが、極端な使い方をしない限り、低速時の総量規制を心配する必要はなさそうです。

b-mobileの通信速度 – 傾向と評価

どれだけの通信速度が出るのかということは、格安SIMを選ぶうえで重要な基準のひとつですが、実際には混雑状況や利用端末の性能など様々な要因が影響するため、技術規格上の最大値の比較はあまり意味をもちません。

そこで SIM探!ではb-mobileの通信速度を時間帯別に測定し、快適度を独自に判定しました(厳しめで)。もちろん読者の方々の利用環境によって測定値は変動しますし、実用的であるとか快適と感じる基準も人それぞれですが、少なくとも通信速度の傾向はつかめると思います。

iPhoneの対応状況

b-mobileで公式に動作確認がされているのは iPhone3GS以降のiPhoneです。データ通信(インターネット)、通話、SMSといった基本機能の利用については問題ありませんが、データ通信ができるようにするための構成プロファイルのインストールが必要かどうか、SIMロックを解除しておく必要があるかなどについては、どこで購入したiPhoneか(docomo、au、softbankブランドなど)や新旧モデルで異なるのであらかじめ確認しておきましょう。

なお、softbankブランドでなくても、SIMフリーまたはSIMロック解除されたiPhoneやiPadであれば、softbank回線を利用したSIM商品を利用することができます。

b-mobileで使えるiPhone一覧

表の見方と注意事項





b-mobileの申込・契約について

ここでは、WEBからb-mobileに申し込む際の手順や必要な書類等を簡単にご紹介します。難しいものではありませんが、インターネットでの申し込みが不慣れな方はあらかじめ手順を確認しておくと良いでしょう。なお詳細な申し込み手順は、公式サイトのこちらのページでご確認ください。

b-mobileSTEP ❶対応機種を確認

お使いのスマホがb-mobileに対応している機種か、必ず公式サイトの動作確認端末一覧ページで事前に確認しましょう。 お手持ちのスマホが動作確認端末一覧にない場合は、スマホのメーカー公式サイトやインターネット等で利用の可否を充分に調査したうえで、最終的には自己責任での申し込みになります。総務省が公開している「各携帯電話事業者の通信方式と周波数帯について」の資料も参考になるでしょう。

b-mobileSTEP ❷SIMロック解除手続き

お手持ちのスマホによっては、SIMロック解除手続きが必要な場合があります。下記の表を参考に、手続きが必要な場合は、WEB・電話・ショップ等で事前に手続きを済ませておきましょう。docomo、au、softbank、Y!mobileなどのキャリアでは WEB(PCで操作)から手続きをおこなう場合、SIMロック解除手数料が無料になるので、節約したい方はWEBから手続きをおこないましょう。お使いのスマホのSIMロック解除の要否について不明な場合は、b-mobileの公式サイトや公式サポートにお問い合わせください。

お手持ちのスマホブランド docomo回線プラン softbank回線プラン
docomo手続き詳細不要必要
au手続き詳細必要必要
softbank手続き詳細必要不要

docomo、au、softbank以外で購入した端末でもSIMロックがかかっている端末については、SIMロック解除手続きが必要になります。その他の事業者におけるSIMロック解除手続きの詳細については、次のリンクから公式WEBサイトを参照してください。 Y!mobileUQ mobileBIGLOBEJ-COM

b-mobileSTEP ❸MNP手続き

MNP(モバイルナンバーポータビリティ)手続きをおこなうことで、今お使いの電話番号をb-mobileでもそのまま使いつづけることができます。WEBサイトや電話からの手続きで、今まで使っていた通信事業者に「MNP予約番号」を発行してもらいましょう(MNP予約番号はこの後の手続きで使います)。なおMNP手続きをする場合、移転元の通信事業者に転出手数料を支払う必要があります。

電話番号が変わっても良い場合は、現在契約している通信事業者を解約した後、b-mobileに新規申し込みをすることもできます。この場合は、MNP手続きの手数料は発生しません。

b-mobileSTEP ❹オンラインショップで購入

STEP ❸ までの手順を済ませたら、いよいよb-mobileのオンラインショップでSIMの購入手続き(=b-mobileとの契約手続き)です。あらかじめ以下の必要書類等を準備しておくと手続きをスムーズに進めることができます。

申し込み時に必要となるもの
b-mobile
連絡用メールアドレス
b-mobile
本人確認書類(運転免許証等)
b-mobile
クレジットカード
b-mobile
MNP予約番号
オンラインショップでの手続きの流れ

b-mobile公式オンラインショップの商品一覧から、青色のボタン「購入する」をクリックすることで、申込画面を表示することができます。申込画面が表示されたら、画面の指示に従って、利用したい回線や契約者情報等の必要事項を選択・入力して手続きを進めていきます。

初めてb-mobileを利用する方は、申込の最初の段階でb-mobileの会員登録(b-mobile IDの新規登録)をする必要があります。

手続きを進めていくと、登録したメールアドレス宛に、契約に関するお知らせや追加の手続きに関する情報が送られてくるので、b-mobileからのメールも必ず確認して手続きを完了させてください。

b-mobileSTEP ❺スマホの設定

契約したSIMが届いたら、お使いのスマホにSIMを挿入して、同梱の説明書類を参考にスマホを設定します。設定方法がわからない場合や、通話や通信ができないなどのトラブルが発生した場合は、公式のサポートページから問い合わせましょう。

設定については公式サイトのこちらのページでも確認することができます。

おわりに

いかがでしたか?このページでは、料金プラン、各種費用、割引制度といった基本的な情報から、節約のポイントや通信速度の傾向まで、b-mobileを検討している方に必要な情報を、できるだけわかりやすく整理してお届けしました。

こだわりを持って見てみると奥が深くて面倒に感じるかもしれませんが、毎日の生活に欠かせないスマホを快適に安く使うためには、妥協は禁物です。とことん検討して後悔しない格安SIM・スマホを手に入れましょう。

SIM探!では、他にも格安SIM選びに役立つ記事を公開しています。よろしければそちらもぜひご覧ください。

格安SIM解説ページ




ページ上部へ戻る