格安SIM(MVNO)徹底解説

LINEモバイル

  - 

LINEモバイル(ラインモバイル)はLINEモバイル株式会社が、NTTドコモとau、ソフトバンクの回線を利用して事業展開する通信サービスです。LINEモバイルはもともと、日本で多くのユーザー数を抱えるSNS「LINE」を運営するLINE株式会社の子会社で、シンプルで低価格な料金体系とLINEを軸にしたSNSのカウントフリー機能を武器に短期間でユーザー数を伸ばしてきました。

2018年には資本・業務提携という形でソフトバンクグループとなりましたが、同グループのもう一つのサブブランドであるY!mobileと異なり、au回線やNTTドコモ回線が利用できるトリプルキャリア対応の格安SIMとして、今後どのような独自色のあるサービスが展開されるのかが注目される格安SIMです。

LINEモバイルの特徴

LINEモバイルの最大の特徴は、すべてのプランに「データフリー」と呼ばれる 指定サービス(SNS系)の利用によって高速通信容量を消費しない機能(いわゆるカウントフリー)が装備されていることです。他社の同容量プランと比較すると平均的な価格よりも僅かに高いですが、カウントフリー機能が料金に含まれていることを考慮すると、対象のSNSをよく使う方にとっては実質的に最安クラスで運用できる格安SIMといえるでしょう。

また、一般的にドコモ回線系よりも割高傾向にあるソフトバンク回線系の格安SIMの中にあって、LINEモバイルのソフトバンク回線利用プランの月額基本料金はドコモやau回線プランと同一に設定されています。結果、現状最安のソフトバンク回線SIMとなっていて、ソフトバンクのサブブランドとなった強みが活かされた格好です。

速度切替や低速通信時のバースト機能といった節約機能がない点は残念ですが、データフリー機能があるので、そもそもネットサーフィンやメール利用時に速度を落として容量を節約する必要性があまりないかもしれません。

利用できる機能・サービス

格安SIMで一般に提供されている機能やサービスのうち、LINEモバイルで利用できるものに色を付けてみました。

通話関連
かけ放題 無料通話 留守番電話 キャチホン SMS着信通知 転送電話 国際ローミング 国際電話 迷惑電話対策 非通知拒否 グループ通話
通信関連
高速無制限 低速固定プラン カウントフリー キャリアメール 専用メアド発行 テザリング 速度切替 速度切替アプリ バースト機能 容量くりこし パケットシェア 公衆無線LAN
お得制度
SIM追加OK 家族・複数回線割 学割 光回線セット割 端末セット販売 iPhone取扱い 初月無料 独自ポイント
契約・支払い・その他
変動定額プラン 口座振替対応 ポイント払い キャリア決済 通話明細 即日MNP対応 実店舗あり 端末修理・補償 広範なサポート

オプションを含みます。利用する端末や契約プランによっては、利用できない機能・サービスがある場合があります。

LINEモバイルの料金プラン・オプション・割引

LINEモバイルのプランは、まずデータフリー(カウントフリー)の対象となるSNSが異なる「LINEフリー」「コミュニケーションフリー」「MUSIC+」という3つのプランからいずれかを選び、利用したい高速通信容量とSIMの機能(サービスタイプ)を組み合わせることで基本料金が決まります。なお、ドコモ、au、ソフトバンク回線のどれを選んでも基本料金は同じです。

LINEモバイル各プランの違い
LINEモバイル各プランの違い(禁無断転載)
  • 各プランおよびプラン内の容量の変更は無料です。なおサービスタイプの変更はできません。
  •  データフリー対象サービスであっても一部データフリー対象外となる通信があります。詳しくはこちら
ポイント
LINEの年齢認証機能・ID検索に対応

LINEモバイルでは、他の格安SIMでは対応していないLINEアプリの年齢認証に対応しています。また、データ通信専用のSIMでもSMS認証なしでLINEのアカウントを作ることができます

LINEフリープラン

LINEフリープランは、LINEトークやLINE音声通話等で発生するデータ通信での高速容量を消費しません。LINE以外での通信をあまりしない方や、Wi-Fi接続環境での利用が多い方におすすめです。また、SMS機能がないデータ通信専用SIM(500円/月)でもLINEアカウントの作成や年齢認証に対応しているので、家族間で連絡を取り合うために子どもに初めて持たせるスマホ用として利用しても良いでしょう。

月額:税抜
通話SIM データSIM (SMSあり) データSIM (SMSなし)
1GB 1,200 620 500

コミュニケーションフリープラン

コミュニケーションフリープランは、LINEに加えてTwitter,Facebook,Instagramがデータフリー対象に含まれ、LINEモバイルの中では最もコストパフォーマンスの良い人気のプランです。特にデータ消費の激しいインスタグラムを利用する方には節約効果が大きいのでおすすめです。ちなみに容量については5GBと7GBが人気のようです。

月額:税抜
通話SIM データSIM (SMSあり)
3GB 1,690 1,110
5GB 2,220 1,640
7GB 2,880 2,300
10GB 3,220 2,640

MUSIC+(プラス) プラン

MUSIC+プランは、コミュニケーションフリーの対象サービスに加えて、LINE MUSICでの通信もデータフリー対象に含まれます。MUSIC+プランでは、特に快適性を求められる楽曲の視聴やダウンロードについてLINE MUSIC専用の速度設定がされているため、他の通信も安定して利用できるメリットがあります。なおLINE MUSICの月額料金は別途必要になりますが、LINEモバイルユーザーなら割引価格で利用することができます。

月額:税抜
通話SIM データSIM (SMSあり)
3GB 2,390 1,810
5GB 2,720 2,140
7GB 3,280 2,700
10GB 3,520 2,940
注意
MUSIC+の小容量は機能的にやや割高感あり

MUSIC+とコミュニケーションフリープランの差額を見てみると、3GBの700円から10GBの300円まで、プラン容量が少ないものほど差額が大きくなっています。追加されるデータフリーの範囲はどちらも同じなので、小容量のプランでMUSIC+にすると機能的には割高ということになります。特にSNSよりも音楽や動画の利用ウェイトが大きい方は、動画や音楽のカウントフリーが利用できるBIGLOBEモバイルのエンタメフリーオプションを検討してみても良いでしょう。

LINEモバイルの節約ポイント

キャリアに比べて格安な料金プランが魅力のLINEモバイルですが、さらなる節約を期待できるポイントについても少し見てみましょう。

いつでも電話 で通話料を節約!

LINEモバイルでは、専用アプリを使うか、相手の電話番号の先頭に「0035-45」をつけてかけると通話料が格安になる「いつでも電話」サービスが月額料金無料で利用できます。一般の固定電話や携帯電話にかける際は積極的に活用して通話料を節約しましょう。

  • 電話回線を使うサービスのため、通話品質は通常の携帯電話と同等です。また通話相手には、いつもと同じ電話番号が通知されます。
  • 一部の電話(3桁特番やフリーダイヤルなど)にかけることはできません(通常発信での通話になります)。
いつでも電話(月額無料) 参考:通常通話
10円/30秒(税込) 20円/30秒

電話をよく利用する方なら、いつでも電話の有料オプションを追加することで毎月の通話料をさらに節約できます。

10分かけ放題(880円/月)
1回10無料(何度でも)

※超過分の通話料は 10円/30秒(税込)

「データプレゼント」を上手に活用しましょう

LINEモバイルでは今月自分が使うことのできるパケットを家族や友達など特定のLINEモバイルユーザーにプレゼントすることができるので、一般的なパケットシェアに比べて使い勝手の良い仕組みです。LINEモバイル同士ならドコモ回線・ソフトバンク回線に関わらず送る相手に制限はなく、手数料もかかりません。

データプレゼントとパケットシェアの違い
データプレゼントとパケットシェアの違い

ひとりで使う場合、余ったデータ容量は繰り越しができても有効期限は翌月末までです。せっかくお金を払って購入した高速容量を使わずに消滅させるよりも、家族や友達などと分け合って、みんなで快適に節約するのも良いでしょう。

MUSIC+とコミュニケーションフリー、どっちにするか

MUSIC+プランは、主要SNSとLINE MUSICを両方よく使う方には大きな節約効果がありますが、どれくらい聴くと得になるのか判断が難しいところです。そこで参考までにコミュニケーションフリープランの各容量でどれくらいのことができるのかまとめてみました。

容量をクリックすると表が切り替わります
Web閲覧

10000 333

メール

200000 6667

GoogleMap

2500 83

写真送受信

1500 50

ラジコ

6000 200

動画

750 25

ゲーム

8333 278

LINEMUSIC(中)

2143 71

LINEMUSIC(低)

7500 250

※それぞれ単独で利用した場合の最大値のめやすです。
※( )内の数値は 30日を1日に換算した値です。
Web閲覧

16667 556

メール

333333 11111

GoogleMap

4167 139

写真送受信

2500 83

ラジコ

10000 333

動画

1250 42

ゲーム

13889 463

LINEMUSIC(中)

3571 119

LINEMUSIC(低)

12500 417

※それぞれ単独で利用した場合の最大値のめやすです。
※( )内の数値は 30日を1日に換算した値です。
Web閲覧

23333 778

メール

466667 15556

GoogleMap

5833 194

写真送受信

3500 117

ラジコ

14000 467

動画

1750 58

ゲーム

19444 648

LINEMUSIC(中)

5000 167

LINEMUSIC(低)

17500 583

※それぞれ単独で利用した場合の最大値のめやすです。
※( )内の数値は 30日を1日に換算した値です。
Web閲覧

33333 1111

メール

666667 22222

GoogleMap

8333 278

写真送受信

5000 167

ラジコ

20000 667

動画

2500 83

ゲーム

27778 926

LINEMUSIC(中)

7143 238

LINEMUSIC(低)

25000 833

※それぞれ単独で利用した場合の最大値のめやすです。
※( )内の数値は 30日を1日に換算した値です。

実際にはWebの閲覧や動画の視聴などで通信容量を消費するため、LINE MUSICがどれだけ聴けるかは人それぞれになってしまいますが、MUSIC+プランでなくてもかなりの時間LINE MUSICを聴くことは可能です。特に月によってLINE MUSICの利用時間にばらつきがある方なら、MUSIC+プランとの差額分を使ってコミュニケーションフリープランの容量をワンランク増量する方が、LINE MUSIC以外の通信に使えるので良いかもしれません。

LINEモバイルで利用可能なオプション

ここでは、LINEモバイルで利用できる各種オプションについてジャンル別に紹介します。

項目をタップすると詳細を表示します

グループ通話200 円/月
通話中に第三者に電話をかけることで複数(最大6人)と会話ができます。※au、ソフトバンク回線プランのみ

割込通話200 円/月
通話中に第三者から着信があった際、保留の状態で第三者と通話ができます。

転送電話無料
着信した電話を他の番号に転送することができます。※転送時の通話料は別途発生します。

国際電話無料
国内から海外へ電話をかけることができます。※通話料は別途発生します。

国際ローミング無料
海外通信会社の携帯電話回線で、海外でも通話とSMSの送受信ができます。※通話料やSMS送信料は別途発生します。ドコモ回線プランのみ

留守番電話(有料版)300 円/月
着信に出られない際に音声ガイダンスを再生し、相手の要件を録音できます。

留守番電話(無料版)無料
着信に出られない際に音声ガイダンスを再生し、相手の要件を録音できます。有料版に比べて保存件数と保存期間が縮小されています。※無料版があるのはソフトバンク回線プランのみ

ナンバーブロック100 円/月
あらかじめ指定した電話番号からの着信を拒否できます。※au、ソフトバンク回線プランのみ

迷惑電話ストップサービス無料
繰り返しかかってくる迷惑電話やいたずら電話の着信を拒否することができます。※ドコモ回線プランのみ

いつでも電話無料
「いつでも電話」は「いつでも電話」アプリから発信、または相手の電話番号の先頭に「0035-45」を付けることで通常発信時の半額10円/30秒で通話できるおトクなサービスです。申込不要で利用できます。

10分電話かけ放題オプション880 円/月
「いつでも電話」に付加する有料オプションで、1回10分以内の国内通話がかけ放題になります。1回10分以内の短めの通話をたくさんする方におすすめです。

Wi-Fiオプション200 円/月(最大2ヶ月無料)
カフェや駅など、全国49,000ヶ所のスポットでご利用いただける公衆無線Wi-Fiサービス。大容量通信も快適に行え、さらにデータ通信量を節約することができます。

ウイルスバスター420 円/月(初月無料)
コンピューターウイルスや不正サイトなどの脅威を防ぐセキュリティサービス。スマートフォンやタブレット、パソコンなど、好きな組み合わせで最大3台までインストール可能。

フィルタリングオプション無料
お子様をインターネットの危険から守るためのフィルタリングサービスです。有害情報を含むサイトや、危険なサイトに意図せずアクセスしてしまうのを防止します。

端末保証/持込端末保証450 円/月~
落下や水没などによる端末トラブル時、最低限の負担で端末の交換または修理ができるオプション。LINEモバイルで購入した端末とLINEモバイル以外で購入した端末両方に対応しますが、料金体系や内容が異なります。いずれもLINEモバイル契約時に申し込みが必要です。

LINE MUSICオプション 合計 889 円/月  750 円/月
定額制音楽聴き放題サービス「LINE MUSIC」(参考価格:月額889円)をお得に利用することができます。さらにLINEモバイル新規契約と同時申込で最大2ヶ月間0円+4ヶ月間月額500円で利用できます。

通話明細100 円/月
音声通話の通話明細を、マイページで確認できます。

その他の費用

LINEモバイルで毎月支払う基本料金やオプション料の他に発生することのある費用で主要なものは以下のとおりです。ほとんどの項目ついては、どの会社の格安SIMも同じと考えて問題ありませんが、高速容量の追加(チャージ)、MNP転出手数料については、各社違いが大きい部分なので、一応注意しておくと良いでしょう。

契約時に発生する費用
契約事務 手数料 3,000 円
SIM発行 手数料 400 円
実際の利用に応じて発生する費用
国内通常 通話料 20 円/30秒
国内SMS 送受信料 受信:0 円

送信:3~30 円

高速容量の 追加(チャージ)
  • 500 MB :500 円
  • 1 GB :1,000 円
  • 3 GB :3,000 円
    有効期限は購入した翌月の末日まで。
    3GBはdocomo回線プランのみ
契約変更等の際に発生する費用
契約プラン 変更手数料 0 円

※ SIM変更を伴う変更については下記「SIM変更等」の項目を参照してください。

SIM変更等 3,000円
再発行 ・サイズ変更
※SIMカードの契約タイプを変更(例:データ通信SIMから音声通話SIM)する場合は、契約解除&新規契約が必要です。
MNP転出 手数料 3,000 円
音声通話SIMの最低利用期間 と解約金
  • 最低利用期間:1年
  • 期間内の契約解除料:9,800 円

※2019/10/1以降に申し込んだ場合の契約解除料は1,000円

その他 契約者用のマイページから2回線目以降を追加で申し込むと、登録事務手数料が優遇されます。詳しくはこちら

  • 音声通話付き:0円
  • データ+SMS:500円
  • データ専用:1,000円

割引き制度

現在、LINEモバイルで中長期にわたってスマホを運用する場合にランニングコストに影響する割引制度やキャンペーンはないようです。

支払い方法

支払い方法はクレジットカードのみ

LINEモバイルの毎月の利用料金の支払いには、 各種クレジットカードが利用できますが、キャリアのように口座振替を利用することができません。対応しているカードブランドの詳細はこちらを参照してください。

LINE PayとLINE Payカードでの支払いが可能

通常のクレジットカード払い以外に、LINE Pay(クレジットカード登録要)とLINE Pay カード による支払いが可能です。このうちLINE Payカードは、銀行口座やコンビニなどでチャージ可能なので、クレジットカードを持っていない場合は事前に LINE Payカードを作ることでLINEモバイルを利用することができます。

LINEポイントで支払いも可能

LINEモバイルでは、紹介キャンペーンなどでLINEポイントがもらえます (1ポイント=1円) 。貯まったLINEポイントを月額基本料の支払いに充当させることも可能です。なお、ポイントは、LINEポイントで紹介されているアプリのダウンロードや動画の視聴、LINEの各種サービスや様々な生活シーンで貯めることができます。

以前はLINEと契約者連携をすることで、毎月基本利用料の1%ポイント付与がありましたが、2019年5月以降の新規加入者には付与されなくなりました。

サポート体制

キャリアからの乗り換えを検討している方や初めて格安SIMを使う方は、契約後のサポート体制が心配の方もいらっしゃることでしょう。ここでは、LINEモバイルのサポート体制について見ていきましょう。

サポート関連の情報について

公式サイトの「LINEモバイルのサポート」ページから、各種お知らせ、各種設定・手続き方法、FAQにアクセスできるようになっていて、電話(ナビダイヤル)やメール送信フォームでの問い合わせ方法も用意されています。また「いつでもヘルプ」とよばれるLINEのトーク機能(チャット機能)を使って気軽に問い合わせすることができます。

LINEを使ったことのない人にはややハードルが高く注意が必要です

LINEモバイル自体は、LINEアプリと密接に連携しているため、LINEアプリの利用はほぼ必須です。したがって初めてLINEを使う方やスマホ初心者の方にとっては覚えることが増えるぶん、他の格安SIMよりも利用のためのハードルは高いといえます。※LINEモバイルではLINEアプリの使い方に関するサポートはおこなっていません。

例えば、新規加入者でまだLINEのアカウントを持っていない方やLINEアプリの扱いになれていない場合には、前述の「いつでもヘルプ」を利用することができないので、問い合わせ手段は実質、通話料のかかる電話か返信に時間のかかるメールしか利用できないことになってしまうので注意が必要です。

端末保証関連は必要に応じて手厚くできます

スマホやPCに関するより詳しい使い方のサポートするような拡張オプションはありませんが、メーカー保証範囲外の端末故障等をカバーできる保障サービスが必要な場合は、有料オプションでカバーすることができます。詳しくは、前述のオプションの項目を参照してください。

LINEモバイルの通信速度 – 仕様編

LINEモバイルの通信速度のスペック(技術規格上の最大値)は 以下のとおりです。

速度仕様

LINEモバイルの通信速度のスペック(技術規格上の最大値)は 以下のとおりです。

下り最大 上り最大
ドコモ回線利用プラン 1,288Mbps 131.3Mbps
au回線利用プラン 1,237Mbps 112.5Mbps
ソフトバンク回線利用プラン 612Mbps 37.5Mbps

キャリアの速度スペック

サービスエリア

LINEモバイルのサービスエリアは、契約プランの利用回線に応じたキャリアのサービスエリアと同じなので安心して使うことができます。エリアの詳細は各キャリアの公式WEBサイトをご確認ください。

速度制限(帯域制御)と通信の最適化

LINEモバイルの速度制限(帯域制御)と通信の最適化 についての仕様は以下のとおりです(料金プランの高速容量を超過した場合を除きます)。

短期間の総量規制 混雑時 の規制 アプリ の規制 通信の 最適化
3日制限 その他
一部あり 原則なし

au回線プランのみ、ネットワーク混雑回避のために、直近3日間(当日を除く) に通信量の合計が6GBを超えた場合、通信速度が終日制限される場合があります。

  • 動画再生やファイル交換(P2P)アプリケーション等、帯域を継続的かつ大量に占有する通信によって、一定期間内のデータ通信量が一定の基準を超えると、速度やデータ通信量が制限されることがあります。
  • 帯域を長時間占有するなど他のユーザーの迷惑となる利用の場合、データフリーの対象になる通信でも制限される場合があります(毎日0時に解除)。

速度制限については一部のヘビーユーザー向けの規制なので、選択した料金プランの高速容量を期間内で分散して消費するような使い方であれば、あまり気にする必要はありません。

アプリの利用による速度制限については、極端な使い方によって他のユーザーの利用に支障をきたす場合などを想定しているもので、通常の利用では気にする必要はありません。

LINEモバイルの通信速度 – 傾向と評価

どれだけの通信速度が出るのかということは、格安SIMを選ぶうえで重要な基準のひとつですが、実際には混雑状況や利用端末の性能など様々な要因が影響するため、技術規格上の最大値の比較はあまり意味をもちません。

そこで SIM探!ではLINEモバイルの通信速度を時間帯別に測定し、快適度を独自に判定しました(厳しめで)。もちろん読者の方々の利用環境によって測定値は変動しますし、実用的であるとか快適と感じる基準も人それぞれですが、少なくとも通信速度の傾向はつかめると思います。

見出しをタップして表示を開閉できます。

総合評価

くだり
普通
平均 4.68Mbps
おおむね普通
一日を通しておおむねストレスを感じることのない速度が出ています。混雑する時間帯でも一定以上の速度が期待できるでしょう。
8-9時台
12時台
夕・夜
17-19時台
快適
快適
7.51 Mbps
実用範囲
実用範囲
2.24 Mbps
普通
普通
4.28 Mbps
※2019年9月調査
のぼり
快適
平均 6.36Mbps
快適
一日を通して快適な速度が出ています。混雑する時間帯でもその水準を維持しているので安心して使うことができるでしょう。
8-9時台
12時台
夕・夜
17-19時台
快適
快適
5.43 Mbps
快適
快適
6.36 Mbps
快適
快適
7.29 Mbps
※2019年9月調査

時間帯別 速度概況

朝(8~9時台)の測定では、下りが7.51Mbpsで、高画質のストリーミング動画の視聴や重たいWEBページの閲覧も特にストレスなく利用できる速度が出ています。音楽・ラジオストリーミングの再生やインターネット電話アプリはもちろん、地図アプリの読み込みも快適でしょう。いっぽう、上りは5.43Mbpsで、iPhone標準サイズの写真1枚を3秒程度でアップロードすることができる速度が出ています。SNSへの投稿はもちろん、小容量のデータをクラウドストレージに保存する程度なら快適に利用できるでしょう。

一般に通信が混雑する昼(12時台)の測定では、下りが2.24Mbpsで、低~標準画質のストリーミング動画を特にストレスなく視聴可能な速度が出ています。一般的なサイズのWEBページの閲覧はおおむね快適で、軽めの通信を伴う音楽・ラジオアプリやインターネット電話の利用には問題ありませんが、地図アプリでは読み込みが若干遅く感じることがあるかもしれません。いっぽう、上りは6.36Mbpsで、iPhone標準サイズの写真1枚を3秒程度でアップロードすることができる速度が出ています。SNSへの投稿はもちろん、小容量のデータをクラウドストレージに保存する程度なら快適に利用できるでしょう。

夕方から夜(17~19時台)の測定では、下りが4.28Mbpsで、標準画質のストリーミング動画の視聴や、一般的なサイズのWEBページの閲覧なら快適に利用できる速度が出ています。音楽・ラジオストリーミングの再生やインターネット電話アプリはもちろん、地図アプリもおおむねストレスなく使えるでしょう。いっぽう、上りは7.29Mbpsで、iPhone標準サイズの写真1枚を3秒程度でアップロードすることができる速度が出ています。SNSへの投稿はもちろん、小容量のデータをクラウドストレージに保存する程度なら快適に利用できるでしょう。

体感速度のめやす

用途
7.515.43Mbps
2.246.36Mbps
夕・夜
4.287.29Mbps
有料動画サービス HD画質 視聴困難 SD画質
Youtube投稿動画 HD画質 SD画質 SD画質
ストリーム音楽 快適 快適 快適
サイマルラジオ 快適 快適 快適
Skype等IP通話 快適 快適 快適
メール・チャット 快適 快適 快適
Web(一般)/1ページ 2秒以下 2秒以下 2秒以下
Web(重)/1ページ 2秒台 7秒台 4秒台
SNS読込(全同期) 2秒以下 2秒以下 2秒以下
地図(google) 2秒以下 4秒台 2秒台
写真のUP(四角) 2秒台 2秒以下 2秒以下
写真のUP(標準) 3秒台 3秒台 2秒台
※2019年9月調査

速度推移

単位:Mbps
上り下り
夕・夜 日平均
'19年7月
4.214.45
1.904.82
2.956.26
3.025.18
'19年8月
11.145.27
2.525.49
4.505.45
6.055.40
'19年9月
7.515.43
2.246.36
4.287.29
4.686.36

総合評価

くだり
普通
平均 4.15Mbps
おおむね普通
一日を通しておおむねストレスを感じることのない速度が出ています。混雑する時間帯でも一定以上の速度が期待できるでしょう。
8-9時台
12時台
夕・夜
17-19時台
快適
快適
5.97 Mbps
実用範囲
実用範囲
2.38 Mbps
普通
普通
4.09 Mbps
※2019年9月調査
のぼり
やや遅い
平均 2.74Mbps
やや遅い
一日を通してやや遅いと感じる速度です。速度を重視する方は注意しましょう。
8-9時台
12時台
夕・夜
17-19時台
やや遅い
やや遅い
2.85 Mbps
やや遅い
やや遅い
2.88 Mbps
やや遅い
やや遅い
2.50 Mbps
※2019年9月調査

時間帯別 速度概況

朝(8~9時台)の測定では、下りが5.97Mbpsで、高画質のストリーミング動画の視聴や重たいWEBページの閲覧も特にストレスなく利用できる速度が出ています。音楽・ラジオストリーミングの再生やインターネット電話アプリはもちろん、地図アプリの読み込みも快適でしょう。いっぽう、上りは2.85Mbpsで、iPhone標準サイズの写真1枚のアップロードに5~10秒かかる速度にとどまりました。写真や動画のアップロード時に、人によってはストレスを感じるかもしれません。とはいえ、テキストメッセージの送信やSkype通話(送話)程度には充分な速度なので、写真やデータのアップロードをほとんどしない方であれば、特に気にしなくても大丈夫です。

一般に通信が混雑する昼(12時台)の測定では、下りが2.38Mbpsで、低~標準画質のストリーミング動画を特にストレスなく視聴可能な速度が出ています。一般的なサイズのWEBページの閲覧はおおむね快適で、軽めの通信を伴う音楽・ラジオアプリやインターネット電話の利用には問題ありませんが、地図アプリでは読み込みが若干遅く感じることがあるかもしれません。いっぽう、上りは2.88Mbpsで、iPhone標準サイズの写真1枚のアップロードに5~10秒かかる速度にとどまりました。写真や動画のアップロード時に、人によってはストレスを感じるかもしれません。とはいえ、テキストメッセージの送信やSkype通話(送話)程度には充分な速度なので、写真やデータのアップロードをほとんどしない方であれば、特に気にしなくても大丈夫です。

夕方から夜(17~19時台)の測定では、下りが4.09Mbpsで、標準画質のストリーミング動画の視聴や、一般的なサイズのWEBページの閲覧なら快適に利用できる速度が出ています。音楽・ラジオストリーミングの再生やインターネット電話アプリはもちろん、地図アプリもおおむねストレスなく使えるでしょう。いっぽう、上りは2.50Mbpsで、iPhone標準サイズの写真1枚のアップロードに5~10秒かかる速度にとどまりました。写真や動画のアップロード時に、人によってはストレスを感じるかもしれません。とはいえ、テキストメッセージの送信やSkype通話(送話)程度には充分な速度なので、写真やデータのアップロードをほとんどしない方であれば、特に気にしなくても大丈夫です。

体感速度のめやす

用途
5.972.85Mbps
2.382.88Mbps
夕・夜
4.092.50Mbps
有料動画サービス HD画質 視聴困難 SD画質
Youtube投稿動画 HD画質 SD画質 SD画質
ストリーム音楽 快適 快適 快適
サイマルラジオ 快適 快適 快適
Skype等IP通話 快適 快適 快適
メール・チャット 快適 快適 快適
Web(一般)/1ページ 2秒以下 2秒以下 2秒以下
Web(重)/1ページ 3秒台 7秒台 4秒台
SNS読込(全同期) 2秒以下 2秒以下 2秒以下
地図(google) 2秒以下 4秒台 2秒台
写真のUP(四角) 4秒台 4秒台 5秒台
写真のUP(標準) 6秒台 6秒台 6秒台
※2019年9月調査

速度推移

単位:Mbps
上り下り
夕・夜 日平均
'19年9月
5.972.85
2.382.88
4.092.50
4.152.74
'19年8月
5.602.76
3.042.38
4.502.54
4.382.56
'19年7月
4.732.83
2.411.45
3.472.28
3.542.18

総合評価

くだり
実用範囲
平均 5.80Mbps
実用範囲
高負荷の通信には向きませんが、実用の範囲の速度は出ており、混雑する時間帯もその水準を維持しています。
8-9時台
12時台
夕・夜
17-19時台
とても快適
とても快適
10.12 Mbps
実用範囲
実用範囲
3.52 Mbps
実用範囲
実用範囲
3.77 Mbps
※2019年9月調査
のぼり
快適
平均 7.26Mbps
快適
一日を通して快適な速度が出ています。混雑する時間帯でもその水準を維持しているので安心して使うことができるでしょう。
8-9時台
12時台
夕・夜
17-19時台
とても快適
とても快適
8.62 Mbps
快適
快適
6.95 Mbps
快適
快適
6.20 Mbps
※2019年9月調査

時間帯別 速度概況

朝(8~9時台)の測定では、下りが10.12Mbpsで、高画質のストリーミング動画の視聴や重たいWEBページの閲覧も非常に快適な速度が出ています。大容量コンテンツのダウンロードは別として、利用時にデータ通信を伴うほとんどのアプリも快適に利用できるでしょう。いっぽう、上りは8.62Mbpsで、iPhone標準サイズの写真1枚を2秒以内でアップロードすることができる速度が出ています。SNSへの投稿や小容量のデータをクラウドストレージに保存するには、とても快適な速度でしょう。

一般に通信が混雑する昼(12時台)の測定では、下りが3.52Mbpsで、低~標準画質のストリーミング動画を特にストレスなく視聴可能な速度が出ています。一般的なサイズのWEBページの閲覧はおおむね快適で、軽めの通信を伴う音楽・ラジオアプリやインターネット電話の利用には問題ありませんが、地図アプリでは読み込みが若干遅く感じることがあるかもしれません。いっぽう、上りは6.95Mbpsで、iPhone標準サイズの写真1枚を3秒程度でアップロードすることができる速度が出ています。SNSへの投稿はもちろん、小容量のデータをクラウドストレージに保存する程度なら快適に利用できるでしょう。

夕方から夜(17~19時台)の測定では、下りが3.77Mbpsで、低~標準画質のストリーミング動画を特にストレスなく視聴可能な速度が出ています。一般的なサイズのWEBページの閲覧はおおむね快適で、軽めの通信を伴う音楽・ラジオアプリやインターネット電話の利用には問題ありませんが、地図アプリでは読み込みが若干遅く感じることがあるかもしれません。いっぽう、上りは6.20Mbpsで、iPhone標準サイズの写真1枚を3秒程度でアップロードすることができる速度が出ています。SNSへの投稿はもちろん、小容量のデータをクラウドストレージに保存する程度なら快適に利用できるでしょう。

体感速度のめやす

用途
10.128.62Mbps
3.526.95Mbps
夕・夜
3.776.20Mbps
有料動画サービス HD画質 SD画質 SD画質
Youtube投稿動画 HD画質 SD画質 SD画質
ストリーム音楽 快適 快適 快適
サイマルラジオ 快適 快適 快適
Skype等IP通話 快適 快適 快適
メール・チャット 快適 快適 快適
Web(一般)/1ページ 2秒以下 2秒以下 2秒以下
Web(重)/1ページ 2秒以下 5秒台 4秒台
SNS読込(全同期) 2秒以下 2秒以下 2秒以下
地図(google) 2秒以下 3秒台 3秒台
写真のUP(四角) 2秒以下 2秒以下 2秒以下
写真のUP(標準) 2秒以下 2秒台 3秒台
※2019年9月調査

速度推移

単位:Mbps
上り下り
夕・夜 日平均
'19年9月
10.128.62
3.526.95
3.776.20
5.807.26
'19年8月
10.908.75
3.437.80
4.448.17
6.268.24
'19年7月
4.278.98
2.608.37
3.158.91
3.348.75

iPhoneの対応状況

LINEモバイルで公式に動作確認がされているのは iPhone5以降のiPhoneです。データ通信(インターネット)、通話、SMSといった基本機能の利用については問題ありませんが、データ通信ができるようにするための構成プロファイルのインストールが必要かどうか、SIMロックを解除しておく必要があるかなどについては、どこで購入したiPhoneか(docomo、au、softbankブランドなど)や新旧モデルで異なるのであらかじめ確認しておきましょう。

なお、SIMロック解除されたiPhoneは、SIMフリーと同等なのでLINEモバイルを利用することができます。

LINEモバイルで買えるiPhone

最新の価格・特典・キャンペーン内容については必ず各社公式サイトをご確認ください。本ページの情報と公式サイトの情報に齟齬がある場合、公式サイトの内容が優先されます。

iPhone 6s

メーカー Apple
画面サイズ 4.7インチ(1334 x 750)
CPU Apple A9
モデル
端末代金 33,800

ソフトバンク回線プランでの契約限定

端末代金 43,800

ソフトバンク回線プランでの契約限定

LINEモバイルで購入可能なスマホ

最新の価格・特典・キャンペーン内容については必ず各社公式サイトをご確認ください。本ページの情報と公式サイトの情報に齟齬がある場合、公式サイトの内容が優先されます。

ZenFone 6 (6GB RAM)

メーカー ASUS
画面サイズ 6.4インチ(2340 x 1080)
CPU Qualcomm Snapdragon 855
端末代金 69,500

P30

メーカー HUAWEI
画面サイズ 6.1インチ(2340 x 1080)
CPU HUAWEI Kirin 980
端末代金 77,880

P30 lite

メーカー HUAWEI
画面サイズ 6.15インチ(2312 x 1080)
CPU HUAWEI Kirin 710
端末代金 32,880
セール中 22,880

セール中のため格安で購入可能です。

Reno 10x Zoom

メーカー OPPO
画面サイズ 6.65インチ(2340 x 1080)
CPU Qualcomm Snapdragon 855
端末代金 99,880

Moto G7 Plus

メーカー Motorola
画面サイズ 6.24インチ(2270 x 1080)
CPU Qualcomm Snapdragon 636
端末代金 38,800

Moto G7

メーカー Motorola
画面サイズ 6.24インチ(2270 x 1080)
CPU Qualcomm Snapdragon 632
端末代金 30,800

R17 Pro

メーカー OPPO
画面サイズ 6.4インチ(2340 x 1080)
CPU Qualcomm Snapdragon 710
端末代金 49,880
セール中 39,880

セール中のため格安で購入可能です。

R15 Neo(3GB)

メーカー OPPO
画面サイズ 6.2インチ(1520 x 720)
CPU Qualcomm Snapdragon 450
端末代金 20,880

ZenFone Max Pro (M2)

メーカー ASUS
画面サイズ 6.3インチ(2280×1080)
CPU Qualcomm Snapdragon 660
端末代金 35,500

ZenFone Max (M2)

メーカー ASUS
画面サイズ 6.3インチ(1520 x 720)
CPU Qualcomm Snapdragon 632
端末代金 26,500

nova lite 3

メーカー HUAWEI
画面サイズ 6.21インチ(2340 x 1080)
CPU HUAWEI Kirin 710
端末代金 26,880

AQUOS sense 2

メーカー SHARP
画面サイズ 5.5インチ(2160 x 1080)
CPU Qualcomm Snapdragon 450
端末代金 34,800

ZenFone Live (L1)

メーカー ASUS
画面サイズ 5.5インチ(1440 x 720)
CPU Qualcomm Snapdragon 430
端末代金 17,800

Moto E5

メーカー Motorola
画面サイズ 5.7インチ(1440 x 720)
CPU Qualcomm Snapdragon 425
端末代金 16,800
セール中 9,880

セール中のため格安で購入可能です。

arrows M04

メーカー FUJITSU
画面サイズ 5インチ(1280 x 720)
CPU Qualcomm Snapdragon 410
端末代金 32,800

LINEモバイルで実施中のキャンペーン

各キャンペーンの詳細は公式サイトをご確認ください。またキャンペーンは予告なく終了する場合があります。

2019秋の格安スマホSALE

キャンペーン期間中、Web限定で対象端末が最大1万円OFFになるセール。新規契約の他、追加申込や招待プログラム経由での購入も対象

対象端末は以下のとおり。値下げ額は端末により異なります。数量限定です。

  • Motorola moto e5
    16,800円 → 9,880円
  • HUAWEI P30 lite
    32,880円 → 22,880円
  • OPPO R17 Pro
    49,880円 → 39,880円

キャンペーン期間にLINEモバイル ウェブサイトから対象端末を購入した方

スマホ月額基本利用料 半額キャンペーン

キャンペーン期間中に音声通話SIMのコミュニケーションフリーまたはMUSIC+の新規契約で、月額基本利用料が5ヶ月間半額になります。

下記の内容を満たした方が対象です。

  1. 2019/8/23(金)~ キャンペーン終了日までの間に下記内容で申し込む
    – サービスタイプ選択時に音声通話SIMを選択
    – プラン選択時にコミュニケーションフリーまたはMUSIC+を選択
  2. 2019/8/23(金)~ キャンペーン終了日までに利用開始日を迎える

※LINEフリーは当キャンペーン対象外
※2019/9/30時点で対象プラン(コミュニケーションフリー、MUSIC+)に加入されている方は対象外
※過去に「SNS使い放題 新・月300円キャンペーン」「スマホ月額基本利用料 半額キャンペーン」が適用されていた回線は対象外

招待キャンペーン(第12弾)

友達や家族にLINEモバイルを招待した方はLINEポイントGET(3,000ポイントx人数分)、招待された方は音声通話SIMの登録事務手数料が最大無料になります。

  • 招待した方(契約者)
    Amazonギフト券やLINE Pay残高などに交換できるLINEポイントを、「招待人数×LINEポイント3,000ポイント」プレゼント。例:5人招待すると15,000ポイントプレゼント。
  • 招待された方
    招待URLから手続きし、音声通話SIMで契約された方はウェブ登録事務手数料(通常3,000円⋅税抜)が無料になります。

下記の条件をすべて満たした場合、特典付与対象となります。

  • 招待した方(契約者)
    • LINEモバイルの公式アカウント(LINE ID:@linemobile)で契約者連携を継続している
    • マイページにて招待URLを発行し、家族や友だちなど新規契約予定者(招待される方)を招待する。
    • 新規契約予定者(招待される方)が招待URLよりLINEモバイルに音声通話SIMで申し込みをし、キャンペーン期間中に利用開始日を迎える。
    • 特典付与日までLINEモバイルの契約を継続している。
  • 招待された方(新規契約予定者)
    • 招待URLよりLINEモバイルを音声通話SIMで申し込みしている。
    • キャンペーン期間中に利用開始日を迎える。
    • 利用開始後、LINEモバイルの公式アカウント(LINE ID:@linemobile)で契約者連携をし、特典付与日まで継続している。
    • 特典付与日までLINEモバイルの契約を継続している。

LINEモバイルの招待URLからLINEモバイル ウェブサイトでお申し込みをした方限定です。