月間9GBの高速通信が利用できる格安SIM

月間9GBの高速通信が利用できる格安SIM

月間9GBのプランは、提供している格安SIMが少なく、定額制のプランでは、かけ放題付きのUQモバイルやY!mobileのみで、その他は変動定額制を採用している格安SIMだけとなっています。選択肢が少ないので、この容量を提供している格安SIMに魅力を感じないのであれば1つ上の月間10GBの容量クラスを検討してもよいでしょう。

月間9GBのプラン比較とおすすめ

SIM探!で紹介している格安SIMから月間9GBのプランを「音声通話」「SMS付きデータ」「データ専用」の用途別・利用回線別に比較してみました。

音声通話プラン

ここでは、かけ放題や無料通話付きのプラン以外をピックアップしました。なおエキサイトモバイルについては音声通話機能がオプション扱いのため、オプション金額を合算して比較一覧に加えています。

かけ放題つきプラン

ここでは、標準で「分かけ放題」が付いているプランをピックアップしました。オプションで「分かけ放題」がつけられる格安SIMも含めて比較する場合は、お好み検索をご利用ください。

無料通話つきプラン

ここでは、標準で無料通話(≒月分ぶんの通話料)が付いているプランをピックアップしました。オプションで無料通話がつけられる格安SIMも含めて比較する場合は、お好み検索をご利用ください。

SMS付きデータ通信用プラン

SMS機能がオプション扱いになっている格安SIM(またはプラン)についてはオプション金額を合算して比較一覧に加えています。

データ通信専用プラン

au回線を利用するSIMはSMS機能が標準装備されているためデータ通信専用プランはありません。

SIM探!おすすめプラン

月間9GBのプランで1年以上の長期運用を考慮した場合、コスト面からすると、実質エキサイトモバイルの1択になります。なお、かけ放題つき音声通話SIMのY!mobileやUQモバイルは、一般に混雑によって遅くなりがちな平日12時台でも非常に安定した高速通信が可能で、速度重視の方におすすめですが、2年目以降月額基本料金がUPするため、注意が必要です。ここではエキサイトモバイルの特徴を確認しておきましょう。

エキサイトモバイル「最適料金プラン」

使った高速通信の量に応じて月額料金が段階的に変化する変動定額制のプランで、高速通信のON/OFFを切り替えることで高速通信容量の消費をコントロールすることができます。例えば、あまり使わない月は高速通信をOFFにして8GB以下の料金に抑えたり、少し多めに使いたい時は高速通信をONにしておいて、10GB以上使うといった柔軟な運用が可能です。

また、音声通話SIMとデータ通信用SIMを組み合わせるなど、1つの契約で複数枚のSIMを利用できる「3枚コース」も用意されていて、テザリング機能やシェアSIMを使ってタブレットやノートPCでもインターネットを使う方なら重宝するでしょう。

この容量クラスを選ぶ前に知っておきたいこと

9GB/月で出来ること

月間9GBでは、どれぐらいのことができるのでしょうか?例えば、スマホで使いそうなものでは概ね以下のとおりです。

9GB でできること
Web閲覧メール送受信LINEトーク
18000 ページ
(600)
900000
(30000)
1800000 往復
(60000)
FacebookGoogleMap写真送受信
138462 フィード
(4615)
7500
(250)
4500
(150)
ラジコ音楽動画
18000
(600)
9375
(313)
4500
(150)
ゲームskype通話
25000
(833)
24000
(800)
※通信量の算出基準
※それぞれ単独で利用した場合の最大値のめやすです。
※( )内の数値は 30日を1日に換算した値です。

格安SIM解説ページ




ページ上部へ戻る